降雨量を知る上で活躍する雨量計の使い方

   

気象条件の中でも降雨の量を計測することができるのが雨量計の役割で、幾つかの種類が存在し、それぞれの使い方も違いが見られます。国内で使用されているタイプは、直径20cmを標準にした受水器タイプのものとなり、受水器にまとめられた水を専用の容器に集めることでなりたちます。基本的には一定の間、備えて置きマスの目を目視によって計測することが主流です。他の種類としては降水の重さを計測していくタイプや転倒マスを用いたり、レーダーによる雨量の観測も行うことができます。寒冷地は降雨のみならず、降雪する場所もあり、それを正確に測る上では受水器などに電熱線、ヒーターなどを備えて置き、雪を溶かすことで降雨量を測定するタイプも存在します。雨量計の使い方は一度、設置されたら自動計測を行えるのが一般的です。

公共的な気象観測でも活用される貯水型タイプ

貯水型タイプの測定器は、雨量ますを用いるタイプと降水で貯水された水の重さにより記録ペンを動かして、その移り変わりを計測していくタイプの二種類があります。気象における法律でも、公共的な気象観測をする方法として認められているタイプです。その際の注意点には、必ず降雨を集めるための受水器を備えておくことがポイントで、それを備えていないものは公共的にも使うことができないとされています。
貯水型自己雨量計の使い方は、自動的に降雨が貯まれば排水する機能を有しており、継続的に記録することができるメリットがあります。記録についても記録用のペンを備えており、それが水の重みにより触れる形で記載していく流れになるので、確実的な方法としても支持されています。

シーソーの原理を応用した確実的な記録ができる転倒ます型

転倒マス型は、シーソーの支点の両側に二つのマスを用意し、片方に降雨で貯まっていくともう片方が上がり、その上がり下がりの回数を記録することで計測します。ちょうど庭園などで設置される鹿威しみたいな構造になっています。マスの量はおおむね降水量が0.5mmとなり、マスの上がったり下がったりの回数はマイクロスイッチやリードスイッチで計測します。転倒マス型は放置していても正確に計測することができるので、公共的な観測施設でも採用されることが多い方法です。貯水型の様にオーバーフローをするリスクも少なく、長時間の連続運転や遠隔地でのモニタリングを可能とするメリットがあります。

ピックアップ記事

雨量計導入で知っておきたい種類について

気象観測の1つである降水量を計測する機器に雨量計があります。種類には貯水型と転倒ます型の2つがあり、主に、河川の氾濫や集中豪雨な度の防災対策や、土木建築、ダム管理や農業など水資源の有効活用に利用されて...

雨量計を設置する目的と仕組み、その種類

その時々の降水量を知ることは、単なる気象データに止まらず、土砂崩れや河川の氾濫といった災害の予測及び避難の要否に役立ちます。降水量を計測する機器として雨量計があり、行政機関なども各地に設置しています。...

適切な測定のための雨量計の設置基準

雨の量は大変重要な気象データです。雨量からその地域の気候を推察することができます。そんな時に使われるのが雨量計です。雨量計は雨水を貯めて単位時間あたりの雨量を測定するものです。また、さまざまな種類があ...

降雨量を知る上で活躍する雨量計の使い方

気象条件の中でも降雨の量を計測することができるのが雨量計の役割で、幾つかの種類が存在し、それぞれの使い方も違いが見られます。国内で使用されているタイプは、直径20cmを標準にした受水器タイプのものとな...


注意点