雨量計導入で知っておきたい種類について

   

気象観測の1つである降水量を計測する機器に雨量計があります。種類には貯水型と転倒ます型の2つがあり、主に、河川の氾濫や集中豪雨な度の防災対策や、土木建築、ダム管理や農業など水資源の有効活用に利用されています。雨量計は商品としても様々な種類が販売されており、例えば、より身近なものとして簡易型と呼ばれるタイプがあります。簡易型は短期間の観測や学校教材用に適しており、安価で設置でることが最大のメリットになります。また、商品には一体型データロガー付きのものもあり、このタイプは、大掛かりなシステム構築等を行うことなく雨量を長期的自動的に記録することができます。ロガー付きタイプは、例えば転倒式であれば、雨量センサーますが転倒した時のパルスをその都度、日時、時間と併せて記録保存をすることができ、パソコンに接続し表やグラフで雨量の情報解析をすることも可能となります。

貯水型が持つ仕組みの概要について

2種類の雨量計で貯水型は最も基本的な構造を持ち、世界でも広く使用されているタイプです。多くの人が最もイメージをするタイプであり、特徴の1つに雨量を観測者自らで読み取ることがあります。機器は、受水器、漏斗、貯水器で構成されており、雨や雪を受水器で受け漏斗部を通して雨水を溜める仕組みになっています。受水口の直径は7~23㎝まであり、日本ではほとんど23㎝のものが使用されています。
貯水型は毎日一定の時刻に観測を行います。実際の測定では観測時に貯水瓶を取出し、中に入った水を雨量ますに注ぎ目盛りを読み取ります。また、雪の場合は雪をぬるま湯で溶かしてから最後に注いだ湯の量を差し引くことで降水量を求めます。貯水瓶は降水量が80mm程度であふれるために大雨時にはときどき取り替える必要があり、その都度、降水量を測定・記録して定時の測定に加算を行うことになります。

転倒ます型が持つ仕組みの概要について

転倒ます型は、受水器、漏斗、転倒ますで構成されています。漏斗の下には2つに仕切られた金属製のますが設けてあり、支点が重心よりも下にあるために、通常では左右どちらかが上になっています。
雪の場合には温水式や・溢水式といったタイプが使われており、溶かしてから計測が行われます。他にも専用の機器を備え付けることで遠隔地からの遠隔操作にも対応することもできます。ただ集中豪雨などでは対応できないケースも見られるため、注意も必要です。

ピックアップ記事

雨量計導入で知っておきたい種類について

気象観測の1つである降水量を計測する機器に雨量計があります。種類には貯水型と転倒ます型の2つがあり、主に、河川の氾濫や集中豪雨な度の防災対策や、土木建築、ダム管理や農業など水資源の有効活用に利用されて...

雨量計を設置する目的と仕組み、その種類

その時々の降水量を知ることは、単なる気象データに止まらず、土砂崩れや河川の氾濫といった災害の予測及び避難の要否に役立ちます。降水量を計測する機器として雨量計があり、行政機関なども各地に設置しています。...

適切な測定のための雨量計の設置基準

雨の量は大変重要な気象データです。雨量からその地域の気候を推察することができます。そんな時に使われるのが雨量計です。雨量計は雨水を貯めて単位時間あたりの雨量を測定するものです。また、さまざまな種類があ...

降雨量を知る上で活躍する雨量計の使い方

気象条件の中でも降雨の量を計測することができるのが雨量計の役割で、幾つかの種類が存在し、それぞれの使い方も違いが見られます。国内で使用されているタイプは、直径20cmを標準にした受水器タイプのものとな...


メリット